近年、地球温暖化をはじめ地球規模の環境問題に対する関心が高まっており、環境保全の重要性が盛んに叫ばれています。
  最近では、すべての河川において、自然環境の保全を配慮した「多自然型川づくり」が積極的に進められています。つまり、多様な生物の生態系を
 乱さず、生物の生息、生育空間を確保する事が重要です。 彩陣は、治水上の安全性を確保したうえで、多様性のある環境を創り出し、豊かで
 安定的な生態保全を可能にした製品です。


< 特徴 >

 <自然環境面>
  ○従来のコンクリートブロックとは違い、胴込めコンクリートの変わりに、現地土を流用したり、発生材等を中詰め材として使用することができる為、
   現地で生息している、昆虫・植物・微生物の生態系を損ねる事がありません。
 ○製品(ブロック意匠面=7cm)と製品本体に中詰めされた割石等で形成される空隙は、植物や昆虫などの生育・生息を提供します。
 <景観面>
  ○製品表面は、力強い陰影を与え、周辺の景観に溶け込みます。
 <施工面>
  ○通常護岸として用いられる積ブロックの使用数は7〜10(個/u)ですが、本ブロックは1(個/u)の大型ブロックとなる為、施工の省力化が
   図れ工期を大幅に短縮できます。
 <安全性>
  ○控長は50〜75(cm)で、壁体重量は中詰め材も含めて約1000kgfmu(1550kgf/u)あります。又、中詰め材によるせり持ちで滑り出しを
   防止するだけでなく、上下段をペーシー連結する事により、土圧に対し十分な安定性がありますので、急流・激流にも対応いたします。

< 用途 >

 <自然環境面>
  ○ 河川などの護岸工
  ○ 道路宅地造成などの土留擁壁工

< カタログダウンロード >

 <彩陣 カタログ>
  ○ 彩陣 カタログ ○ 容量:865KB 

 ※PDF形式でダウンロードされるカタログのデータをご覧になるためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  パソコンにインストールされていない方はこちらをクリックしてダウンロードしてください。

< トップベース工法(マイコマ) >

 トップペース工法は、他の工法にない多くの特徴があります。先人の築いた偉大なる「玉石工法」の原理は、「マイ独楽」を使用することにより、
 現在の土木・建築に優れた効果を発揮します。また、地盤の補強のほか、優れた経済性・施工性・高い信頼性など多くの利点を持ち、
 様々な基礎工事に幅広く活用できます。

< 特徴:TOP BASE METHOD MECHANISM >

 1.極めて軟弱な地盤が続く場所でも、上載荷重を安全に支える。(N値=0から実績あり)
 2.沈下量、不等沈下を抑制し、吸振・防震効果により、耐久性も期待できる。
 3.基礎に要する基礎地盤の掘削が少なくてすむため、規制を受ける現場にも対応可能。
 4.施工が簡単で、特別な機械を必要としない。
 5.建屋内での施工も可能である。(人力施工が可能)
 6.杭基礎に比べて経済的である。

 トップベース工法は、土木・建築の基礎に幅広く活用いただけます
 ・擁壁の基礎
 ・ボックスカルバートの基礎
 ・各種水路の基礎
 ・道路・低盛土の基礎
 ・橋台・橋脚(単純桁橋)の基礎
 ・仮設道の路盤、路床の代用としての基礎(再利用可)
 ・上下水道管やマンホール等の基礎
 ・浄化槽・貯水槽等各種工作物の基礎
 ・精密機械の吸振、防震基礎
 ・低、中層建築物の基礎
 ・土間コンクリートの基礎

■施工手順
(1)敷設面整正 (2)砕石敷均し
(3)筏マット敷設 (4)コマ型ブロックの敷設
(5)間詰砕石の充填 (6)間詰砕石の締固め
(7)筏ユニオン配筋 (8)ボックスカルバート設置

■仕様

※間詰砕石量は、敷設形状により異なります。また作業困難な軟弱地盤でのまき出し量は、別途必要量を算出して下さい。

<カタログダウンロード>

 <マイ独楽 カタログ>
  ○ マイ独楽 カタログ ○ 容量:763KB 

  ※PDF形式でダウンロードされるカタログのデータをご覧になるためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
   パソコンにインストールされていない方はこちらをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム会社概要業務内容商品紹介求人情報アクセスお問合せ
Copyright(C) 2016 HARADA-KOUSAN. All Rights Reserved.